シーツは洗濯ネットなしで洗っても大丈夫?洗濯ネットなしのデメリットと注意点!

スポンサーリンク

目には見えづらいですが、シーツは汗や皮脂で汚れています。

またホコリなど細菌がついていることもありますので、定期的な洗濯が必要です。

シーツを洗濯するときは、洗濯ネットに入れて洗濯機に入れたほうがいいとされています。

洗濯中にシーツがねじれたり、他の洗濯物と絡んだりすることで、生地が傷みやすくなります。

シーツを長持ちさせるためには、洗濯ネットの使用がおすすめです。

洗濯ネットなしで洗うと、シーツの生地が傷みやすくなるだけでなく、ファスナーなどで洗濯槽に傷がついてしまうかもしれません。

このようにデメリットが多くあるので、シーツを洗濯する場合は洗濯ネットに入れたほうがいいと思います。

スポンサーリンク

シーツって洗濯ネットなしで洗っていいの?

シーツを洗濯することは、結構大変ですよね。

お天気も気になりますし、干す場所も確保しなくてはいけません。

大きい洗濯物なので、ネットに入れなくても大丈夫かな?と思いがちですが、シーツは洗濯ネットに入れて洗うことが推奨されています。

大きなシーツは、洗濯機の中でねじれたり、他の洗濯物と絡んだりします。

それがシーツの生地を傷つける原因となります。

シーツは肌触りが大事です。

生地が傷つくと、肌触りも悪くなります。

買い替えるタイミングも早くなってしまうかもしれません。

このような理由からも、シーツを洗う時は、洗濯ネットに入れて洗う方がいいと思います。

シーツを洗濯する前に、洗濯表示をまず確認してくださいね。

洗濯機で洗えないものは、クリーニングに出す必要があります。

スポンサーリンク

シーツを洗濯ネットなしに洗濯するとどうなる?デメリットは?

洗濯ネットに入れずに洗濯すると、シーツがねじれて生地が傷みやすくなります。

また他の洗濯物と絡まりやすくなり、これも生地が傷む原因となります。

他の洗濯物についている細かいゴミなどもついてしまうかもしれません。

ファスナーがついているタイプのシーツは、生地だけでなく、洗濯槽を傷つける可能性もあります。

このタイプは、しっかりとファスナーを閉めて洗わないと、シーツの中にゴミなどが溜まったりすることもあります。

ボックスシーツなど、ゴムがついているものはゴムが伸びてしまうかもしれません。

またシワがつきやすくなります。

ネットに入れる場合でも、少し面倒ですが、ジャバラになるように折り畳み、ネットに入れるとシワになりにくくなります。

シワがついてしまったシーツは干すときに、シワを伸ばすのが大変ですよね。

このように、洗濯ネットに入れずに洗濯することは、デメリットの方が多いと思います。

スポンサーリンク

シーツを洗濯ネットなしで洗う方法と注意点

シーツは洗濯ネットに入れて洗う方がいいですが、絶対に入れなくてはいけないということはありません。

シーツが入るサイズのネットがない場合や、そもそもネットに入らないこともありますので、その場合はネットなしで洗わないといけません。

他の洗濯物と絡まないように、できればシーツだけで洗うと絡むことは防げます。

 洗濯機に入れるときも、まるまった状態で入れることは避けましょう。

ネットに入れる時と同じように、ジャバラになるように折り畳むと、汚れ落ちのムラも少なく、シワになりにくいです。

水量を増やすということも、洗濯物が絡まりにくくなります。

シーツは絡まらないように洗濯するということが、生地を痛めないためにも大切なこととなります。

洗濯の際、洗濯槽に入れて衣類を絡みにくくする、洗濯ボールを使ってみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

ネットなしでも大丈夫なシーツの種類をご紹介

ネットを使用しなくてもいいシーツとは、素材選びが重要となってきます。

おすすめの素材は、ポリエステルです。

ポリエステルはシワがつきにくい素材であることが知られています。

ポリエステルのフラットタイプのものは、ネットなしで洗っても、比較的大丈夫だと思います。

同じポリエステルのものでも、ボックスタイプのものだと、ゴムの部分が伸びてしまうということがあります。

素材だけではなく、タイプ選びも重要ですね。

ポリエステルは、比較的安価なものも多いです。

また丈夫で、耐久性もあるので使われている方も多いのではないかと思います。

一度試してみてはいかがでしょうか。

この他、綿・麻・テンセルなどの素材を使ったシーツもありますが、縮んでしまったり、シワがつきやすいなど、ネットを使った方がいいものがほとんどです。

ネットなしで洗える素材は少ないと思っておいた方がいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

シーツの洗濯は家事の中でも、面倒臭いことの一つだと感じている方も多いのではないでしょうか?

ですが、清潔なシーツで安眠を手に入れたいという気持ちももちろんありますね。

シーツをネットに入れるということは、大きいネットを用意したり、注意するべき点はありますが、その手間をおしむと、生地を傷める原因となり、シーツを買いかえる頻度が増えるということになります。

シーツを洗濯する時は、洗濯ネットを使用した方がメリットは多いです。

今まで、洗濯ネットなしでシーツを洗っていた方は、洗濯ネットを活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました