シーツを変える頻度はどれくらい?洗わないとどうなるの?汚れの原因を追究

スポンサーリンク

シーツは布団の汚れを防ぐためのアイテムです。

寝ている間に、直接肌に触れるものなので、本当なら毎日洗濯したいところですが、毎日洗濯するとなると大変ですね。

重量も大きくなりますし、干すにも場所をとります。

汚れが目に見えにくいので、どれくらいで洗濯をすればいいかも迷ってしまいます。

シーツを洗濯する目安としては、『週に一回』だとされています。

あくまで目安なので、季節や生活環境に合わせるといいですね。

洗わないと、雑菌が繁殖したり、カビが生えたりします。

このような状態になると、健康に被害が出ることもあります。

そうなる前に、洗濯をし清潔にしておきたいですね。

スポンサーリンク

シーツを変える頻度はどれくらい?洗濯の目安

シーツの洗濯の目安は『週に1回』が目安とされています。

夏場の汗をかきやすい時期は、最低でもこの週1回は交換したいですね。

冬場は、もう少し長くなっても大丈夫かな…というところです。

梅雨の時期など、天気が悪い日が続くと、シーツを選択することが億劫になりますね。

冬や梅雨時期で、洗濯物が乾かない時のために、洗い替えのシーツを用意しておくと安心です。

シーツのように大きな洗濯物は、つい後回しにしがちです。

かといって、洗濯をしていないシーツは健康被害を起こすこともあります。

肌に触れる部分が多いので、清潔なシーツを使用したいものです。

スポンサーリンク

シーツは意外と汚れている!その汚れの原因とは?

シーツの汚れは見落としがちですが、意外と汚れています。

黄ばみが出てくるとわかりますが、この頃にはかなり汚れがついていると思われます。

汚れの1番の原因は、汗や皮脂です。

寝ている間に、人間はコップ1杯分の汗をかくと言われています。

夏場はそれ以上の汗をかきます。

汗とともに皮脂などもシーツにつきます。

これが黄ばみの原因となり悪臭の元となります。

汚れたままのシーツを使い続けると、ダニや雑菌が繁殖してしまいます。

ダニや雑菌だけではなく、カビが発生することもあります。

洗濯していないシーツや、敷きっぱなしの布団は、カビが繁殖する好条件です。

シミになると、なかなかとれません。

寝ている間にカビ菌を吸い込んでしまうと、病気になってしまうこともあります。

シーツは実はホコリも溜まりやすいです。

布団から出たホコリはシーツによって直接肌に当たらないようにしてくれています。

その分シーツには多くのホコリがついているのです。

ハウスダストのアレルギーがある方は、洗濯の頻度に気をつけるようにしましょう。

今、アレルギーがなくても、このようにホコリを吸い込んだり、ダニやノミの死骸を吸い込んでしまうと、アレルギーを引き起こす場合があります。

それ以外にも、さまざまな病気を引き起こす恐れがあります。

汚れが目立たなくても、定期的に洗濯をすることは大切ですね。

スポンサーリンク

シーツの汚れを防ぐ対策

シーツに湿気が残っていると、カビが発生したり臭いの原因となります。

起きたらシーツの湿気をとるようにしましょう。

ベットに掛け布団を敷いたままにしていると、湿気はなかなか抜けません。

掛け布団や毛布を畳んだり外すようにして、湿気を逃すことが大切です。

また、除湿シートを活用するのもいいですね。

シーツやマットレスの間に挟むと、湿気を減らすことができます。

消臭・除菌スプレーを使うこともお手軽です。

汗や皮脂の臭いを分解してくれます。

また雑菌などの繁殖を抑える効果もあります。

スポンサーリンク

洗濯の時間がない人に機能性シーツ

シーツの汚れを防いで、洗濯の頻度を減らしたとしても、やはり洗濯して汚れを落とし清潔なシーツで眠りたいですね。

天気が悪い日が続いたり、働いてるなどで、洗濯の時間がなかなかとれないということもあると思います。

そのような時には機能性のついたシーツもおすすめです。

・速乾タイプのシーツ

 こちらのシーツは、速乾・消臭の効果があります。

 吸汗にも優れているので、汗をよくかく方にもおすすめです。

 汗や湿気を素早く逃してくれ、涼感があります。

 速乾タイプの1番のメリットは、早く乾くということです。

・抗菌タイプのシーツ

 抗菌だけではなく、防臭・防ダニ加工がされているものも多いです。

 カビなどの微生物や、細菌の繁殖を防ぐことができます。

 気になる臭いも抑えられます。

 ハウスダストなどのアレルギーがある方は、防ダニ加工がされているもの選ぶと安心です。

このような機能性シーツを洗い替えとして、用意しておくといいのではないでしょうか。

また、洗濯したシーツを布団にかけることも、結構大変ですよね。

4角がゴムになっているものなど、シーツをかけることができるだけ簡単にできるようなシーツも発売されています。

スポンサーリンク

まとめ

睡眠はとても大切です。

快適に眠るためにも、シーツは清潔なものを使いたいですね。

週1回は洗いたいですが、難しい場合は便利なアイテムを活用するなど、工夫してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました