生筋子がスーパーに並ぶ時期と選び方!スーパー以外ならどこで買える?

スポンサーリンク

生筋子は生秋鮭のメスのお腹から取れた筋子のことをいいます。

生秋鮭の旬は9月から11月ということですので、生筋子の旬も同じ9月から11月あたりになります。

この時期になると、スーパーでも見かけるようになりますね。

生筋子よりいくらの方がスーパーでは多く見かける地域もあるかもしれません。

生筋子の生産地は多くありますが、中でも有名なのは北海道です。

次いで、宮城、新潟といった東北地方でよく収穫されているようです。

最近は、コストコや業務スーパーなどで販売されているようです。

ですが手に入らない場合は、やはり通販を利用するといいと思います。

北海道など、生産の多い地域の方が味もいいですし、安心感もあります。

もちろん予算もあると思いますので、色々比較してみてください。

生筋子の醤油漬けの日持ちが気になる方は下記の記事を参考にしてください。

冷凍保存方法や賞味期限についてまとめています。

スポンサーリンク

 生筋子がスーパーに並ぶ時期

生筋子は、秋ごろが旬となります。

生秋鮭のメスからとれます。

産卵の時期が旬ということです。

9〜11月の間が旬となりますので、この時期になるとスーパーでも並び始めます。

生秋鮭のメスのお腹から取れた筋子を生筋子と呼びます。

この時期のメスのお腹から薄い膜に覆われた大量の卵のことです。

スジで繋がっているので『筋子』と呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

生筋子の選び方

美味しい筋子は適度に熟成しているものだとされています。

卵の熟成が足りないものは、皮が柔らかすぎてすぐに潰れてしまいます。

逆に熟成しすぎているものは皮が硬く、口の中に残ってしまいます。

白っぽくて明るいオレンジ色をしているものを選ぶようにしましょう。

新鮮な筋子はやはり生で食べると美味しいです。

古いものほど、だんだんと赤黒くなっていきます。

これは血が回っているためで、生臭さも増していきます。

新鮮な生筋子の見極めは難しいと思いますが、知識として知っておくだけでも、選ぶときに役に立つと思います。

スーパーで購入する場合は自分で見極めることが必要ですが、魚屋さんなどで買う場合は、プロに任せるのも一つの手ですね。

スポンサーリンク

生筋子はスーパー以外ではどこで買える

スーパー以外でならやはりネットでの購入が便利ですね。

夏が終わりに近づくと、スーパーでも生筋子を見かけるようになってきます。

北海道など東北地方で、生産が多いので、西に行くほど、生筋子は見かけないかもしれません。

生筋子、ではなくいくらとして、醤油漬けなどに加工されたものの方がよく売っているのではないでしょうか。

もちろん旬の時期なので、この時期のいくらが一番美味しいです。

生筋子としていただきたいのであれば、やはり通販を利用するのが、ラクですし、色々比較をすることもできます。

鮮度が良くても、生の筋子は、アニサキスがいる可能性があります。

安心して美味しくいただくためにも処理は必要だと思います。

通販で購入すると、冷凍の状態で送られてくる場合がほとんどです。

アニサキスは、一般家庭の冷凍庫で48時間以上凍らせることで死滅できるといわれています。

冷凍状態で送られてくるということは、あらためてご自宅でアニサキスの処理をする必要はないということになりますね。

冷凍状態のものは解凍すると鮮度が落ちるといわれていますが、急冷して発送してくれますし、美味しい解凍の方法が記載されているものがほとんどです。

スーパーで購入した場合も、すぐに食べられないものはとりあえず冷凍することをオススメします。

このように、通販で購入することはデメリットではありませんので、スーパーで手に入らないようでしたら、通販も活用してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

生筋子の旬はいつまで

生筋子は、生秋鮭のメスのお腹からとれる卵です。

生秋鮭の産卵期は、9月から11月頃となります。

このことから生筋子の旬も9月から11月の間になります。

10月末以降、漁が終わる頃までの筋子は、皮が硬くなってくるようです。

逆に9月の初め頃は皮が薄く、すぐに潰れてしまったり、味が薄いものが多いようです。

適度に成熟してくる、9月下旬から10月中旬のころが旬の中でも美味しい時期だと思います。

もちろんどの状態で食べるのがベストかは個人の好みによりますが…

また、この時期が価格としては、一番値段が上がるようです。

皮が硬くなってくる10月の終わり頃から、少しずつ値段も下がってくる傾向にあるようです。

生筋子の食べ方も好みが出ますね、

せっかくなので、生筋子としてそのまま食べたいという方もいれば、やっぱり生は生臭さが気になるという方も。

筋子を剥がして、いくらとして塩漬けや醤油漬けにするという方法もあります。

この加工法が一般的ですね。

せっかくなので、この時期ならば、筋子漬けにしてみるのもいいですね。

筋子漬けは、卵膜もそのまま漬け込むのでまだ、皮の柔らかい9月の初めの頃の筋子を使うのがオススメです。

このように生筋子は、塩漬けや醤油漬けに加工したり、生のままで食べたり、時期によっても食べ方を工夫できます。

旬の間に、色々な食べ方を試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました