バレンタインにトリュフを贈ることの意味は?ギフトにおすすめのトリュフもご紹介!

イベント

バレンタインが近づいてくると何を贈ろうかな?と悩みますよね。

中には、バレンタインにトリュフを貰ったけど、相手はどのような気持ちで渡してきたのか分からなくて困ってしまうこともありますよね。

そんな悩みを解決するために、この記事ではトリュフを贈る意味やお菓子言葉、トリュフの選び方からおすすめのトリュフまでご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインにトリュフを贈る意味

トリュフを贈る意味としては、基本的にチョコレート全般が意味を持っていません。

あなたと同じ気持ちという意味が込められていることもありますが、チョコレートが定番になっているので、人それぞれ思いが違ってしまうのが現状です。

ですが、トリュフは見た目もコロコロしていて可愛らしく、手作りしやすいので手作りをする人からの人気もあります。

さらに、一口サイズのため、気軽に食べてほしいという思いもあります。

トリュフには様々な味がありますが、フレーバー無しのシンプルなトリュフは甘すぎないため、誰にでも喜んで食べてもらえる傾向にあります。

恋人や家族にはもちろんですが、お世話になっている方や友人への贈り物として選ばれることも多いです。

スポンサーリンク

トリュフのお菓子言葉

先ほどと同じく、チョコレート全般に意味を持たないとされています。

一部では、あなたと同じ気持ちという意味があり、ホワイトデーでチョコレートを返すことによって、これまでと同じ関係でいましょうという意味があります。

なので、職場の方や友人にも安心して贈ることができます。

どうしても本命と義理で分けてトリュフを渡したいという場合にはトッピングやラッピングで差別化を図ることをおすすめします。

お菓子言葉を意識して好き関連で贈りたい場合は、あなたが好きという意味の飴やあなたは特別な人という意味のマカロン、永遠の愛という意味のマロングラッセ、幸せが続きますようにという意味のバウムクーヘンにしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

バレンタインに贈るトリュフの選び方

トリュフの選び方については、お菓子言葉は特にないからこそ、義理なのか本命なのかを気をつけたいところですね。

味については、周りに粉砂糖やココアパウダー、クラッシュドナッツなどの様々なものがあります。

好みが分からない場合は、王道な粉砂糖またはココアパウダーがおすすめです。

中の味も様々な味があります。

クリームや生チョコ、キャラメル、ナッツ、フルーツ、抹茶、お酒など種類が豊富です。

好みが分からない場合は、クリームまたは生チョコがおすすめです。

未成年者にプレゼントする場合はお酒が入っていないことを必ず確認を行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク

ネットでトリュフを買うならこれ!オススメをご紹介!

意味や選び方をご紹介したので、つぎにおすすめのトリュフをご紹介します。

味がそれぞれ違うものを3点ご紹介します。

ゴディバ

こちら、ゴディバのトリュフです。

人気かつ有名なブランドなので老若男女問わず安心して贈ることができます。

コーティングもココアパウダーのため、好みを大きく外れてしまう心配は無いです。

今は店舗まで出向かなくてもスマホやパソコンですぐにお買い求めいただけるので時間がない方にもおすすめですね。

春華堂

こちらはうなぎパイで有名な春華堂です。

その春華堂が手掛けたカカオの雫です。

中は生クリームで表面はココアパウダーで、ほろ苦さを味わうことができます。

冷凍になっているので、会社の方へのプレゼントはハードルがあがってしまいますが、解凍時間によって様々な食感を楽しむことができます。

こちらのリンクに載っているのは通常のカカオの雫ですが、もう1つカカオの雫whiteという種類があり、そちらは周りがホワイトチョコで中はカカオ70%以上のチョコ生クリームを使用しています。

冷凍のため渡せる相手は限られてしまいますが、お相手と新食感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

チョコレートバーR

こちらは、オレンジリキュール入りのトリュフです。

風味があって、オレンジであっさりしているので、お酒を普段から飲む方はもちろんですが、飲まれない方にも美味しく召し上がっていただけます。

こちらも美味しさを保つために冷凍による配送ですが、そこまで焦ることなく召し上がっていただけます。

オレンジ風味が好きな方やお酒が好きな方にとてもおすすめです。

お子さまでも召し上がっていただけますが、それぞれ思うことは違うので、お子さまがいる方には避けるか事前に聞いておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでトリュフの意味や選び方、おすすめ商品をご紹介させていただきました。

最後に、まとめさせていただきます。

・トリュフ(チョコ)はお菓子言葉としては意味を持たない

・トリュフはコロコロとしていて一口サイズなので食べやすいため、おすすめ

・一部ではチョコのお菓子言葉があなたと同じ気持ちという意味がある

・様々な味の種類があるため、よく見て購入する

・好みが分からないときは王道のココアパウダーでまぶした生チョコ

・有名なお店で購入すると相手も分かりやすくてよい

以上がまとめになります。

皆さんにとって楽しいバレンタインになりますよう、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました