ふるさと納税ワンストップ特例制度と確定申告はどっちが楽?どっちが得?それぞれ違いを解説!

ふるさと納税 生活

ふるさと納税を利用している人が増えてきましたね。

ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることで、納めるべきはずの所得税と住民税が軽減される制度です。

寄付する自治体も自分で選ぶことができます。

ただ税金を納めるだけではなく、自治体によって返礼品が送られてくるので、こちらとしてもお得な気分になれますね。

ふるさと納税を利用するためには、確定申告が必要でしたが、2015年よりワンストップ特例制度が始まりました。

この制度は確定申告の必要はありません。

しかし、制度を利用するためには、いくつかの条件があります。

・申し込み可能な自治体は5自治体まで

・控除は、住民税からのみ

・もともと確定申告の必要がない人

などです。

住民税からの控除のみですが、控除される金額の合計は同じです。

金額の面だけでいうと、どちらがお得かということには変わりはないです。

この記事では、違いを比較していきますので、ご自分にあった方で選んでいただければ…と思います。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度と確定申告はどっちが楽?

ワンストップ特例制度は、自治体の申請書が必要です。

ふるさと納税のサイトには、『ワンストップ特例制度を利用する』という項目があります。

そちらにチェックを入れれば、自治体から郵送されてきます。

PDFファイルでダウンロードすることもできます。

個人情報が記載されている、マイナンバーカードなどの準備をします。

こちらが揃えば、自治体に郵送すれば、申し込みが完了となります。

サイトから手続きをすれば、家の中でも一通りの手続きが終わるので、とても楽ですね。

確定申告を家で済ませたい場合は、e-Taxを利用するとこちらも簡単に終わらせることができます。

その際、寄附金控除に関する証明書・確定申告書・マイナンバーなどが必要です。

どちらも、税務署に出向かなくても、必要書類さえ揃えれば、家にいながら完了させることができますね。

提出にあたって、用意する書類に違いが出てきます。

個人事業主など、ご自分で確定申告をされる方は、それにプラスしてワンストップ申請の書類を用意するといいですが、確定申告が不要な方は、ワンストップ申請を利用する方が、簡単ではないかと感じました。

スポンサーリンク

ワンストップ申請と確定申告のやり方

必要書類の違いなど、申請の方法を次にまとめてみました。

・ワンストップ申請のやり方

① 自治体を選ぶ(5自治体まで)

② 自治体から『寄付金納税控除に係る申告特例申告書』を用意し、記入する

③ マイナンバー関連書類を用意する

④ 申請書と必要書類を自治体に送る

  提出期限があるので、必ず期限内に自治体へ郵送するように気をつけてください。

  申請期限に間に合わないと、確定申告が必要となります。

・確定申告のやり方

① 確定申告書を用意する

② 寄付を証明する書類を用意する

 『寄附金控除に関する証明書』や『受領書』

③ 源泉徴収票か、所得控除の証明書などを用意する

④ 本人確認書類を用意する

以上のものを用意し、提出する。

・税務署へ持参

・郵送

・e-Tax

提出の方法としてはこの3点があります。

どちらも自治体からの証明が必要となります。

提出期限が違うので、間違えないようにしっかり確認した方がいいですね。

ワンストップ申請の場合、もし期限が過ぎてしまっても、確定申告をすれば大丈夫です。

スポンサーリンク

ワンストップ特例制度と確定申告はどっちが得?違いを解説

では、どちらがお得なのでしょう?

実は、冒頭でもお伝えした通りどちらがお得という事はないんです。

ワンストップ特例と確定申告では処理する回数が違うため、郵送で処理する場合の手間賃や準備する書類の数による費用の違いが違いとなります。

違いを簡単に比較していきたいと思います。

ワンストップ申請はその都度手続き

ワンストップ申請は、1つ申し込みをすると、その都度自治体に提出する必要があります。

5つの自治体に申し込むと、5回の手続き、

1つの自治体で2回申し込むと、2回の手続き、となるということです。

自治体に申請し、申告書を提出する。

申し込む自治体が多くなれば、その分手間は増えることとなります。

経験談として、自治体によって差がありました。

申請書の封筒を点線に沿って折りたたむ場合があるのですが、その折り方がわかりにくい自治体がありました。

切手が必要な自治体もあれば、不要な自治体もあります。

口コミなどで調べることもできると思いますが、これは申請書が手元に届いてみないとわからないところでした。

確定申告は一度で済む

確定申告は必要書類が揃っていれば、一度で終わらせることができます。

自治体に申請することは必要となってきますが、各自治体へ提出する必要はありません。

ですが、ふるさと納税に関するもの以外の書類等を揃えなければなりません。

この違いを踏まえて、ご自分にあった方法で申請していただければと思います。

個人的には、自営業など、ご自身で確定申告をしない方であれば、ワンストップ申請の方が楽なのではないかと思います。

あとは楽天などのサイトを経由して、ふるさと納税を申し込むと、ポイントが付与されるので、お得だと思います。

【楽天市場】楽天ふるさと納税|はじめての方でも簡単!納付先や使い道が選べ、お礼の特産品も楽しめます
楽天市場でふるさと納税を。はじめての方でも簡単!楽天会員ならお買い物と同じフローで寄付が可能。特産品のお礼や税金の控除を受けられるなどの特典も。楽天ポイントも貯まります。
スポンサーリンク

まとめ

各自治体、ふるさと納税に力を入れているので、種類が豊富です。

口コミなどを見ながら、返礼品を選ぶことも楽しみの一つです。

やり方が複雑なのでは…?

とふるさと納税を敬遠している方もいるかもしれませんが、やり方が分かればそんなに難しい申請ではありません。

どちらのやり方にしても、損をすることはなく、むしろ得をした気分になれます。

ふるさと納税はおすすめです。

ぜひ、試してもらいたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました