川口花火大会2022出店はある?チケット情報や打ち上げ場所から穴場スポットまで詳細まとめ

スポンサーリンク

川口花火大会が3年ぶりに開催されることが決定しました。

第2回目となる2022年の川口花火大会は、
「みんなの笑顔がはなひらく未来を」をテーマに9,400発の花火が打ち上げられます。

2022年11月5日(土)16:00~21:00

花火打ち上げは18:30~19:30、荒川運動公園グラウンド、土手沿い斜面にて行われます。

この記事では、川口花火大会の出店情報やチケット情報、打ち上げ場所から穴場スポットなど
気になる詳細を調べてみました。

スポンサーリンク

川口花火大会2022屋台が出店する場所

川口花火大会2022では屋台が出店されます。
ただ有料席のみで一般席では出店が無いんです…

屋台の出店は有料観覧席のみ

川口花火大会2022は屋台やキッチンカーが約50店舗ほど出店される予定となっています。

が、出店されるのは有料観覧席エリア内だけ。
有料観覧席エリア内には2か所設置されるようですよ。

ちなみに、2019年の第一回目の花火大会では、地元飲食店舗が約30店も参加したグルメフェスも開催されました。

その際も、会場で屋台の食事を食べられるのは有料観覧席限定だったようですよ。

一般無料席は出店スペースがない

一般観覧エリアで屋台の出店がない理由は、出店スペースが無いからだそうです。

運営者さんいわく
「途中のお店で各自購入して、持ち込んでください」とのことです。

公認で持ち込みOKです!

会場付近の川口駅は、東口側にも西口側にもコンビニが多数ありますので、そちらに寄って購入しても良いですね。
会場に向かう途中にあるコンビニは、ほとんどが店外での販売を行っていますよ!

焼きそばやたこ焼き、ビールなどの飲み物はもちろん、各コンビニオリジナルのチキンなどもお店に入らず買えてお手軽です♪

スポンサーリンク

川口花火大会2022有料観覧席

有料観覧席は8月12日(金)10:00~販売。

※10月24日現在、完売しております。当日券の販売はありません。

諦めるのはまだ早いです。
当日は、有料観覧席だけでなく一般観覧エリアが12:00より解放されますよ。

一般観覧エリアは有料観覧席の西側土手斜面のみとなっていますが
こちらの一般エリアでも大迫力の花火は充分に楽しむことが出来ます。

ただ一般観覧エリアは、スペースに限りがあるため入場規制が行われる可能性があります。
一般席を狙う場合は、余裕をもって会場に向かう事をおススメいたします。

スポンサーリンク

川口花火大会2022有料観覧席チケットの購入方法

川口花火大会有料席チケットの購入方法は

・ネット(イープラスを利用)
・川口市観光物産協会または川口商工会議所にて直接購入

以上の2通りで購入できます。

イープラスで購入の場合

イープラスで購入の場合はコチラからどうぞ

イープラスにアクセス後、ご希望のチケットをクリックし支払い手続きに進んでください。

イープラスで購入の場合の支払い方法

・クレジットカード
クレジットカードを選択の場合は、申し込み完了時に決済されます。

・コンビニまたはATM
コンビニまたはATMを選択の場合は、申し込み時に提示される期限までにお支払いとなります。
対応のショップは以下の通りです。

ファミリーマート
セブンイレブン
ローソン・ミニストップ
ペイジー対応ATM

・ネットバンキング
ネットバンキングご利用の場合は、申し込み時に提示される期限までにお支払いとなります。

イープラスで購入の場合の受け取り方法

・配送
決済が完了したら1週間ほどで宅急便にて配送されます。

・ファミリーマート
2022年8月12日(金)より店内に設置されているマルチコピー機でお受け取り可能です。

・セブンイレブン
2022年8月12日(金)よりレジにてお受け取り可能です。

直接購入する場合

直接購入する場合は川口市観光物産協会または川口商工会議所にてご購入くださいね。

・川口市観光物産協会

川口市川口1-1-1キュ・ポラ本館2階受付
TEL: 048-228-2111(土日祝第3金曜除く)
定休日: 無し(年末年始を除く)
販売時間 : 10:00〜13:00 14:00〜17:00

・川口商工会議所

川口市本町4-1-8川口センタービル8階
TEL: 048-228-2220(土日祝除く)
定休日:土日祝
販売時間:10:00〜11:30 13:30〜17:00

スポンサーリンク

川口花火大会2022有料観覧席の種類と金額

川口花火大会2022年の有料観覧席は2種類で金額は以下の通りです。

・Aエリア:ガーデンチェア席

1卓4名 24,000円(1名6,000円×4名分)※4名1組単位での販売となります。

テーブル席になっていますので、のんびり飲食を楽しみながら花火を観覧できます。
いすは4脚、お友達同士でもお子様連れのファミリーでも、
落ち着いて花火の迫力を感じられること間違いなし。

・Bエリア:土手シート席


1名3,000円
土手に横長く広げられたブルーシートでゆっくり座って花火を体感できます。

※チケットは小学生以上から必要となります。
※未就学児においても、膝上ではなく席を利用する場合は有料となりますのでご注意くださいね。

スポンサーリンク

川口花火大会2022中止になった場合の有料観覧席料金払い戻し

川口花火大会は雨天決行となっていますが、以下の理由で中止になった場合は
有料観覧席の料金を払い戻ししてもらえます。

・11月5日花火大会当日の16時以降、花火打ち上げ開始前に
強風・大雨・火災・洪水いずれかの注意報・警報が発令された場合。

・11月5日花火大会当日の16時以降、花火打ち上げ開始前に
国土交通省水防団待機水位(基準地点たる岩渕水門(上)におけるA.P.+3.00mの水位)に達した場合。

・その他の理由としては、来場者に危険が生じるおそれが起き、その為に実行委員会が花火大会の開催が不可能と判断した場合。

スポンサーリンク

川口花火大会2022無料観覧席

川口花火大会2022では有料観覧席の後方に一般開放エリアが設けられています。

有料観覧席の購入に間に合わなかったという方も、当日12:00から場所取り解禁していますので

こちらで観覧すれば、有料席さながらの大迫力で花火を体感できます。

スポンサーリンク

川口花火大会2022打ち上げ場所

川口花火大会2022年の打ち上げ場所は、

荒川運動公園(川口市荒川町)および土手沿い斜面になります。

※雨天決行ですが、荒天の場合は中止となります。

川口花火大会は打ち上げ場所の敷地がとても広いので、迫力のある大きな花火が魅力的です。

川沿いの広範囲で打ち上げられるので穴場スポットもわりと沢山ありますよ!

スポンサーリンク

川口花火大会2022穴場スポット

川口花火大会は有料観覧席が用意されているため、のんびりゆっくり、
かつ真下から大迫力の花火を楽しみたいという場合はそちらがおススメですが
無料でも充分に花火を楽しめるスペースがあるので、ご紹介します。

・土手(戸田橋方面)

会場から少し離れますが、真下から見るのとは違う、花火全体の迫力を見られるスポットです。
川口駅付近のような混雑がなく、のんびり観覧できますよ。
今年は3年ぶりの花火大会という事で、会場付近は混雑が予想されますので
まったり花火観賞したい人には最適な場所です!

・土手(東京側)

北赤羽駅から徒歩で10分ちょっとのエリアです。

川口市内とは反対側で、会場からは少し距離がありますが広い範囲で花火を観覧できます。
川沿いで打ち上げられる花火大会の強み、どの土手から見ても花火全体を見ることが出来るスポットです。

新荒川大橋サッカー場もありますので、そちらを利用するのも良いかもしれないです。

・赤羽公園

会場である川口駅ではなく、赤羽駅下車、徒歩5分で到着できる公園です。
乗り換えによく利用される赤羽駅ですが、赤羽公園を利用する人は意外といない!という穴場です。

※土手や公園は低い位置の花火が見えにくいので注意!
土手には木々があらゆるところに生えている関係で、低い花火は少し観えにくい場合があります。

↓こんなツイートも発見しました。

志茂駅から歩いていける土手も穴場のようです。ご参考まで~

スポンサーリンク

川口花火大会2022会場へのアクセス

川口花火大会への各アクセス方法をお伝えします。

電車でのアクセス

JR川口駅から徒歩なら約20分で会場の荒川運動公園に到着します。

京浜東北線「川口駅」からバスをご利用の場合は、
西口1番乗り場から(川51)西川口駅西口行きバスに乗車し

・有料観覧席ご利用の方 →「飯塚3丁目」下車
・一般無料観覧席をご利用の方 →「西口通り」下車

裏技として、隣の西川口駅からもバスを利用できます。
座っていきたい方は、西川口駅から乗車するというのも手かもしれません。

バスは交通規制の間、運休・迂回されることがあるのでご注意ください。詳細は下記「交通規制」にてご覧ください。

車でのアクセス

会場までは京浜東北線「川口駅」西口から車で約5分です。

スポンサーリンク

川口花火大会2022駐車場

川口花火大会2022は専用駐車場の用意はありません
出来れば公共交通機関のご利用をおすすめします。

もしもどうしてもお車での来場を希望する場合は会場付近の駐車場を利用となりますが
当日は早くから満車になってしまう可能性が高いので、お早めのお出掛けが必須です。

会場周辺の有料駐車場

ここでは会場周辺の有料駐車場をいくつかご紹介します。

川口駅西口地下公共駐車場


〒332-0015 川口市川口3-1-2
164台

営業時間内(午前7時〜午前0時) 15分毎100円
上限料金 (平日)1日1,500円

(土曜・日曜・休日)1日2,000円
(上限料金は、1日の営業時間内1回に限り有効)
・営業時間外(午前0時〜午前7時) 1,000円

バッファローキュポラパーキング


〒332-0015 埼玉県川口市川口1丁目1−1
126台

通常料金

7時~24時 20分100円
24時~7時 60分100円(最大料金)
入庫後12時間毎最大1,200円

スポンサーリンク

予約できる駐車場

当日、駐車場が空いていなくて困った…とならないために、周辺の駐車場を事前に予約できるサービスがあります。それを利用して駐車場を確保しておくのも良いかもしれません。

登録は無料ですし、一度登録しておけば、今回だけでなく今後色々なお出掛け先で利用できますよ。

ご利用方法は簡単!検索窓に目的地を入力するだけで、その周辺の予約できる駐車場が出てくるんです。

駐車場予約は、最大30日~14日先までできますし、前日までなら無料でキャンセルも出来るので安心です。

・いつでもどこでもパーキング【akippa(あきっぱ!)】

予約できる駐車場 タイムズのB

スポンサーリンク

交通規制の区域や時間

当日は、17:30~21:30に交通規制が行われます。

一部の区間では、15:00~交通規制が行われる場所もあるので注意が必要です。

バスの運休・迂回

また、交通規制中はバスも運休・迂回してしまうので、バスをご利用の方はそちらもご注意ください。

・国際興業バス[川51]の最終出発時刻

川口駅 14:15発
西川口駅 14:15発

どちらもそれ以降運休となります。

・みんななかまバスの迂回

川口・鳩ケ谷線 6便・7便は、迂回の為「西公民館入口」停留所には停車しませんのでご注意ください。

スポンサーリンク

荒川運動公園ドッグランの規制

荒川運動公園のドッグランは、当花火大会の為
11月4日(金)~11月6日(日)8:00まで利用できません

スポンサーリンク

川口花火大会2022渋滞や混雑

川口花火大会の来場者数予想は5万人ほど。
大きな花火大会と比べると、そこまでの混雑にはならなそうですが
それでも随所随所での混雑は起こりうると思います。

無料観覧エリアだけでなく、有料観覧席への通路も混雑が予想されます。

有料観覧席への混雑

前回は有料観覧席がA席、B席、C席の3種類あり入場ゲート以降の通路も席のチケット種類によって分けられていたため
混雑していたとはいえ、混乱はせずスムーズに進めたようです。

恐らく今年もチケット別に通路が分けられていると思うので、席までの道はスムーズに進めるはずです。

無料観覧席への混雑

無料観覧席エリアや会場付近では、花火大会当日の12:00から場所取りが解禁されます。
また、場所取り可能なのは土手斜面のみとなっています。

そのため、場所取り解禁の12:00前には混雑し始めると予想されます!

会場付近の混雑を逃れたいという方は、前記の穴場スポットでの鑑賞がおススメですね。

花火大会終了後の混雑

花火大会終了後の混雑ピークは19:30~20:30となる予想です。

なぜなら、花火大会終了の19:30と同時に
いっせいに駅に向かう人で、駅までの道も駅構内もいっぱいになるからです。
駅や電車への入場制限がかかる可能性もあります。

そうなると、せっかく混雑を避け穴場スポットで観覧していた方達にも、
電車をご利用の場合は影響が出てきますね(;’∀’)

お子様連れの場合などは、少しでも混雑と混雑による遅延をふせぐためにも、周囲より早めの帰り支度をおすすめします。

スポンサーリンク

川口花火大会2022開催日と基本情報

第2回川口花火大会

開催日:2022年11月5日(土)

開催時間:16:00~21:00

花火打ち上げ時間:18:30~19:30

打ち上げ場所:荒川運動公園グラウンド、土手沿い斜面

打ち上げ数:9,400発

お問い合わせ:川口商工会議所 地域振興課(埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル8F)

お問い合わせ電話:048-228-2220

公式HP:https://1110hanabi.com//

スポンサーリンク

川口花火大会2022見どころと特徴

1952年~1959年は「荒川納涼花火大会」として開催されていた川口市の花火大会。
2019年に「川口花火大会」として、60年の時を経て、生まれ変わって復活しました。

2019年の第1回目開催後、様々な社会情勢により中止を余儀なくされてきましたが
2022年、今年とうとう3年ぶりに再び「川口花火大会」は開催されます。

2019年より約2,400発多い9,400発の花火が打ち上げ予定となっています。

テーマは「みんなの笑顔がはなひらく未来を」となっています。
文字通り、笑顔が花開く未来となってほしいです!!

スポンサーリンク

まとめ

この記事では、屋台の出店事情、チケット詳細、打ち上げ場所から穴場スポットまで、
川口花火大会の詳細について調べました。

屋台の出店は、有料観覧席のみとなりますが、無料観覧席でも持ち込んでの飲食は可能となっています。

駅から会場までの通りにあるコンビニなどでは、店外での販売を行っている店舗もありますので、そちらで購入することも出来ると思います。

打ち上げ場所の荒川運動公園グラウンドは、かなり混雑が予想されますので、上記穴場スポットを是非利用してみて下さい。

2022年、今年は待望の第2回目開催となります。

2022年11月5日(土)16:00~21:00

花火打ち上げは18:30~19:30

荒川運動公園グラウンド、土手沿い斜面にて。

お出掛けの際の参考にしていただけると嬉しいです。
3年ぶりの花火大会、是非楽しんで下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました