ジャムの開封後の賞味期限ていつまで?カビさせないための保存方法は常温?冷蔵庫?冷凍?

スポンサーリンク

ジャムを開封後、違う日に使おうと思ったらまだ賞味期間内なのにカビていてショック!!!

なんて経験をしたことはありませんか?

ジャムって日持ちしそうだけど、開封後はいつまでに使えばいいんだろう?

そんな疑問に答える記事になっています。

開封後のジャムの賞味期限と保存方法を知り、お気に入りのジャムで食パンをより一層美味しくいただきましょう♪

食パンのカビ防止の保存方法はコチラにまとめていますので、良かったら合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

ジャム開封後の賞味期限はいつまで?

ジャム2

開封されたジャムの賞味期限がいつまでかというのは、具体的には決まっていません。
それはそのジャムが何で作られているか砂糖はどれくらい入っているか容器は何を使っているかなどで変わってくるからです。

ただ、だいたい2週間から1ヶ月くらいと言われています。

開封後2週間から1ヶ月経過したジャムを使用するかを決める目安は
カビが生えているかいないか…というのが一般的なようですね。

我が家でも開封したばかりでもカビが生えていれば、残念ですがサヨウナラとしてしまいます。

ただ、カビは見た目ではわからない場合がありますし
カビの有無と食中毒が直接的な原因でない場合もあります。

カビが生えていないからと言って長期間経ったジャムの使用は、おすすめできません。

どのジャムにも記載されていると思いますが、開封後はなるべく早く使い切るようにしましょう。

お徳用サイズなども販売していますが、
私は、家族多いしみんな大好きだからと大きいジャムを購入したのに
次に使う時にはカビていてガッカリなんてことが何度も…。

我が家のような失敗をしないためにも、それぞれのご家庭で2週間くらいで使いきれるサイズの購入がおすすめです。

スポンサーリンク

ジャム開封後の糖度による期限の違い

ジャム開封後の賞味期限は2週間~1ヶ月とお伝えしてきましたが、実はそれは糖度によって異なってきます。

糖度が50%以上であれば2週間~1ヶ月

しかし

糖度が50%以下になると1週間~10日 

と、保存できる期限がぐっと短くなってしまいます。

最近は低糖度や糖質カットのジャムが増えています。
砂糖不使用のジャムだと、商品にもよりますがさらに保存できる期間が短くなる可能性があります。

ご自宅にあるジャムの商品内容をよくチェックしてみて下さいね。

スポンサーリンク

ジャムを開封後にカビさせないために

開封後のジャムを一般的な賞味期限である2週間~1ヶ月もたせるためには使用方法にコツがあります。

・冷蔵庫に保存する
・綺麗なスプーンを使用する
・スプーンを2度入れしない
・使い終わったらすぐに蓋をする
・ジャムに水分を入れない

冷蔵庫に保存する

開封後のジャムは冷蔵庫に保存しましょう。
常温だと雑菌が繁殖しやすくなってしまうんです。

お店では常温で売っていることがほとんどですよね。
なので勘違いしてしまいがちですが、それは開封前だから。
開封後のジャムは常温保存せず、冷蔵庫に保存するよう気を付けましょう!

綺麗なスプーンを使用する

ジャムは雑菌が繁殖することで傷みやすくなってしまうので、使用するスプーンは清潔なものを使ってください。
綺麗なスプーンで雑菌の侵入を防ぎましょう。

スプーンを2度入れしない

これは綺麗なスプーンを使用するのと同じ理由です。

パンに塗ったスプーンや、直接舐めたスプーンをジャムに再度入れてしまうと
当然ジャムに雑菌が付着してしまいます。

ジャムをすくうのとは別にスプーンを用意して、パンに塗ったりするのはそちらのスプーンを使うようにしましょう。

ジャムを使い終わったらすぐに蓋をする

ジャムは使用後すぐに蓋をしましょう。

蓋を開けっぱなしにしていると、空気や目に見えないホコリに触れてしまいます。
何度も言っていますが、ジャムは雑菌に弱いです。

空気やホコリに触れると雑菌が繁殖してしまうので
また使うからと、食卓に瓶を開けたまま置いておくのではなく、その都度ふたを閉めましょう。

我が家では、使用する分だけお皿にとりわけ、ビンはすぐにふたを閉めて冷蔵庫に戻していますよ。

ジャムに水分を入れない

ジャムは雑菌にも弱いですが水分にも弱いです。
水分が付くと傷みやすくなるので気を付けて下さいね。

例えばしっかり洗ったスプーンもきちんと乾燥しているか確認してから使用しましょう。

また、先にお伝えした通り開封後のジャムは冷蔵庫で保存が鉄則ですが
実は冷蔵庫で保存すると温度差によって容器内に結露が発生してしまう事があります!

冷蔵庫から出して開けた際に、置いていた蓋に結露が付いていることに気付かないでまた蓋をしてしまい
ジャムに水分が垂れてしまうという事もあるので、充分注意しましょう。

スポンサーリンク

ジャム開封後の保存方法

ジャム3

ジャム開封後の保存方法としては冷蔵庫保存が一般的です。
しかし場合によっては冷凍保存もおすすめ。

それぞれ保存方法をご紹介します。

ジャム開封後は冷蔵庫保存

基本的にジャムは開封後、冷蔵庫で保存しましょう。

お店では常温で販売されているので、常温保存してしまいがちですが
それはお店に並んでいるのは開封していない密閉され真空状態でカビが生えにくい状態のジャムだから、常温で置いておけるのです。

開封後はたとえ開けたのが一瞬でも、空気や湿気に触れてしまいます。
その状態のジャムを常温で保存すると、温度が高く雑菌やカビが繁殖しやすくなってしまいます。

ただし冷蔵庫で保存する場合は、温度差による結露に気を付けて下さい。

せっかく冷蔵庫の中で低温で保存しているのに、結露が発生するとその水分がジャムに垂れ
防腐剤替わりとなっているお砂糖の糖度が下がってしまいます。

冷蔵庫自体の開け閉めや、ジャムを冷蔵庫から出し入れする際には注意が必要です。

ジャム開封後の長期間保存には冷凍保存がおすすめ

ジャムは開封後も冷蔵庫に保存すれば、一般的に2週間くらいは日持ちしますが
2週間でも食べきれない!大量のジャムを入手してしまった!なんて時には冷凍保存も可能です。

ここからはジャムを冷凍保存する際のポイントをお伝えします。

ジャム開封後の冷凍保存方法

ジャムを冷凍保存する際のポイントは

・瓶のまま冷凍しない
・1回分ずつ小分けに冷凍する

瓶のまま冷凍しない

瓶に詰められているジャムは、冷蔵庫の場合は瓶でそのまま保存できますが
冷凍庫に保存する際は、ビンが割れてしまう心配がありますので別の容器に移しましょう。

1回分ずつ小分けに冷凍する

ジャムを冷凍する場合は、一回分ずつラップやジッパー袋に分けて入れて保存しましょう。

大きな容器に大量に冷凍すると、使用する際に使わない分まで冷凍庫から出さなければいけなくなり
せっかく冷凍したのに、冷凍と解凍が繰り返され、傷みやすくなったり品質劣化につながってしまいます。

最後まで美味しく食べるためのひと手間ですね。

製氷皿などを利用するのも良いアイデアだと思います。
ただ製氷皿で凍らせたジャムも、冷凍後にジッパー袋などに移し密閉された状態で冷凍保存しましょうね。

冷凍保存したジャムの解凍方法

冷凍したジャムを解凍する際、少量なら自然解凍がおススメです。
使用の20分前くらいに冷凍庫から出せば、使うのに程よい状態に解凍されていますよ。

ところで実は、ジャムは冷凍しても完全には凍らないのです。
糖度が高いと氷点が低くなり、ジャムのように糖度が高いと完全には凍らないんですね。

これはまた、糖度の問題で凍るジャムと完全には凍らないジャムがあるので、ご家庭で確認してみて下さいね。
冷凍された状態に合わせて、使用前に冷凍庫から出す時間を逆算してみて下さい。

冷凍保存したジャムの保存期間

開封後のジャムを冷凍保存すると、当然ですが冷蔵庫で保存するより長く持ちます。

これも糖度によって異なるのですが一般的には1年ほど保存がきくと言われています。

先にお伝えしたように、ジャムは糖度が高く氷点が低いため、完全に凍らないという理由から
冷凍しても風味が落ちにくく長い期間美味しくいただけるんですよ。

スポンサーリンク

ジャム開封後の賞味期限と保存方法まとめ

この記事では、開封後のジャムの賞味期限と保存方法をまとめました。

開封後のジャムの賞味期限は一般的に2週間~1ヶ月です。

ただし、糖度によって異なる場合があるので気を付けて下さいね。

開封したら、ジャムは冷蔵庫で保存しましょう。

ジャムは常温で販売されていますが、開封して密閉状態ではなくなったジャムを常温保存すると雑菌が繫殖しやすくなってしまいます。

冷蔵保存期間内にも食べきれなさそうな場合は冷凍保存もおすすめです。

冷凍保存する際には1回分ずつ小分けにし、使う分だけ解凍できるようにしましょう。

開封後の賞味期限と保存方法を知ってしまえば、ジャムのカビに恐れることなく、いろんな味に挑戦できますね。

パンやクラッカー、クリームチーズなどのお供に是非色とりどりのジャムで食卓を飾ってみて下さいね~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました