ふるさと龍宮海上花火大会2023の混雑状況は?穴場スポットや駐車場、屋台情報も!(富山県)

スポンサーリンク

当サイトではアフェリエイト広告を利用して商品を紹介しています。

花火大会 イベント・おでかけ

富山県滑川市で「ふるさと龍宮まつり海上花火大会」が今年も開催されますね。

今年、2023年は7月16日日曜日に20時10分からです!

見どころは、なんといっても、県内で唯一の正三尺玉の打ち上げや、超豪華特大海上スターマインなどが、夜空と海上を華やかに彩るところ。県内最大級の三尺玉が打ちあがる事でも人気の花火大会。

2023年度は、市政70周年を記念して例年以上に豪華な花火が打ちあがると滑川市のツイートもあり、大変な混雑が予想されますよ。

事前に対策、準備をして、お祭りを満喫してくださいね。

この記事では混雑予想や回避方法。また、駐車場や屋台情報を調べています。

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023混雑予想と回避方法

県内最大級の花火大会に加え、県内で唯一の正三尺玉が打ち上がる大人気のお祭りです。

今年は例年以上に豪華な花火が予定され、かなりの混雑が予想されます。

混雑のピークはやはり、花火打ち上げ終了後ですね。

行きは、花火大会よりも前に各種イベントが用意されているので、分散されそうですが、その分駐車場が埋まるのは早そうですので、車で来場をお考えの場合はご注意ください。

電車をお考えの場合は、駅がかなり混雑するようなので花火開始の20時10分より、2時間前には会場入りをおすすめします。

最寄り駅である、あいの風とやま鉄道・富山地方鉄道滑川駅から会場まで徒歩約9分ですが、混雑により30分以上かかることも!

帰りは終了と同時に、帰宅の混雑ピークが来ます。

駅では券売機に並ぶ行列ができます。帰りの乗車券を先に買っておくのがいいかもしれません。

お車の利用でも、電車をご利用でも混雑回避には、早め早めの行動が大事です。

帰りの混雑回避には、最後まで見たいのをぐっと堪えて、最低でも終了の10分前には会場を後にするようにすると、混雑はだいぶ回避できるはずです。

大迫力の三尺玉を間近で見たいかもしれませんが、混雑を回避するには会場以外で見る事も検討して下さい。海上での花火大会なので海沿いを意識していただければ比較的どこからでも花火は楽しめますよ。

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023穴場スポット

会場外の穴場スポットをご紹介しますね。

はまなす公園

はまなす公園は会場にも近く迫力ある花火が見れるようです。

公園なので公衆トイレが利用できて、お子様にも安心です。

公衆トイレなので、流せるペーパーや、除菌クリーナは持参して下さいね。

滑川海浜公園

滑川海浜公園は駐車場もありますので、早めの帰宅ができるところも魅力です。

昨年度は、工事中の為駐車場の利用ができませんでしたが、

今年は工事中とは出ていなかったので利用できると思います。

キャンプエリアや、展望の丘から立山連峰と能登半島まで伸びる富山湾を同時に一望できるので、絶好のポイントではないでしょうか。

ただ、どちらも穴場スポットとして有名なので、会場よりは、混雑はまだマシ程度かもしれません。混雑をどうしても避けて花火を見たい方は、基本的に海上花火ですので、海が見える場所なら花火は見られます。

海沿いを意識していただければ、人混みが少なく自分だけのベストスポットを狙えます。

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023駐車場情報

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023では、無料駐車場、有料駐車場があります。

無料駐車場

滑川市スポーツ・健康の森公園に無料駐車場が約1,000台用意されます。

駐車場から会場まで、徒歩約18分。

無料シャトルバスで、約4分。

無料シャトルバスは、18時頃まで。花火終了後の運行はありません。

県内では「必ず渋滞が発生する日」として有名な程です。

公共交通機関の利用がすすめられています。

その他、利用できる駐車場に

昨年は、滑川市役所の駐車場も無料で利用できたそうです。

滑川市役所からは、徒歩約17分。

有料駐車場

 

・システムパーク滑川駅前。会場まで徒歩約8分(混雑時別)

 収容台数43台

 全日。入庫後24時間250円。48時間500円。72時間750円。96時間1,000円(前払い)

 

・滑川駅前駐車場。会場まで徒歩約9分(混雑時別)

 収容台数37台

 (全日)終日300円

・滑川駅南駐車場。会場まで徒歩約11分(混雑時別)

 収容台数30台

 (全日)終日300円

駐車場予約

当日は空車がなかなか見つからないということが予想されますので、【akippa(あきっぱ!)】という駐車場アプリを使つかってみるのもオススメです。

15分30円などと安くて便利な駐車場が多く、
当日無料駐車場に停められない!なんてトラブルも避けられます。

駐車場が事前に予約出来、駐車場を探す手間が省けるので、
今回に限らず、イベントや旅行のときなどにぜひ活用してみてください。

<akippaの利用方法>
① 会員登録をする
→予約をする際には無料会員登録が必要で、メールアドレスとパスワードだけで簡単に登録が出来ます。
 また、FacebookやGoogleなどのSNS認証ログインも利用出来ます。
② 探す
→akippaTOPページにある検索ボックスから行きたい場所の地名や施設名を検索する。
③ 予約・決済をする
→駐車場を見つけたら、利用日時とお客様情報を入力して決済する。
④ 利用する
→複雑な手続きなどなく当日そのまま入庫し、そのまま出庫するだけ!


スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023交通規制情報

当日は14時から22時頃まで交通規制がある予定です。

市道滑川富山線の一部区間が通行止め。

周囲の道路も大幅な交通規制があり、時間帯によって規制エリアが変更になります。

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023屋台出店情報

飲食ブースや移動販売車など沢山の出店が予定されています。

昨年は、クレープ、ラーメン、ハンバーガー、さいころステーキ、たこ焼き、焼きそばなどが出店されていました。

こちらも昨年の情報ですが、飲食ブースオープンは15時頃。

16時から19時が最も混雑するようです。

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023トイレ情報

ホタルイカミュージアムや、道の駅などのトイレが利用できるようです。

打ち上げ開始前は特に混み合いますので、早めに済ませるか始まってから行きましょう。

トイレ用ペーパーや、便座除菌用クリーナーは、忘れずにご準備を。

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023概要

イベント名  ● ふるさと龍宮まつり海上花火大会

日程     ● 2023年7月16日日曜日

時間     ● 打ち上げは20時10分から21時

雨天時    ● 荒天時、翌日2023年7月17日月20時10分から20時50分に順延

打ち上げ場所 ● 富山湾(ほたるいかミュージアム周辺)

最寄り駅   ● あいの風とやま鉄道・富山地方鉄道滑川駅

打ち上げ数  ● 約1,000発

例年の入場者数  ● 約7万人

有料チケット   ● 一般的になし。ふるさと納税の返礼品に「海上花火特別観覧席」があります。市内在住の方以外で20,000円以上の寄付者の方が対象で先着順です。

公式HP       ● https://www.info-toyama.com/events/50025

問い合わせ    ● 滑川市水産観光課 075-475-1436

問い合わせ2     ● 滑川商工会議所 076-475-0321

スポンサーリンク

ふるさと龍宮まつり海上花火大会2023まとめ

2023年のふるさと龍宮まつり海上花火大会は7月16日日曜日、富山県滑川市の富山湾で20時10分から打ち上げが始まるよていです。

富山県の人気花火ランキング第1位の花火大会です。

全国でも数少ない正三尺玉の花火が打ち上がり、その迫力でも想像以上に楽しめそうですね。

飲食ブースや、各種イベントなども楽しそうですが、

その分、

大変な混雑が予想されるので、行きはもちろん、帰りも早め早めに行動して下さいね。

特に花火終了後の混雑は、お子さま連れの方には、

子供も、親も本当に大変です。

花火は会場付近の海が見える場所で自分のベストスポットを発掘してみて下さい。

どの場所で見るにしても

レジャーシートや、トイレ用のペーパー。各種除菌アイテムと、虫よけ対策。

夏の暑さ対策と、水分補給を忘れずに

日本の夏の花火を満喫しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました