ついに入院!つらいつわりの時期を乗り越えた私の体験談(3人目編)

スポンサーリンク

どうも、ゆほけのです。

私には子供が4人います。そしてつわりは、もれなくつらかった。

今回は3人目を妊娠した時のお話です。

つわりも3人目ともなると、もはやプロ?

はいはい、来た来た!これね・・・この吐き気。といった感じで始まりました。

あぁ気持ち悪い。

ん?でも、なんか今までと違ってめちゃくちゃお腹が空く。

そうなんです。

3人目の時は、今までの吐きつわり、においつわりに加えて

食べつわりが追加されていました。

妊娠初期にお腹が空いて無性に何かが食べたい気持ちになるのは初めて。

朝、目が覚めたらお腹空いた。

朝ご飯を食べる。

食べたら気持ち悪くなる。

トイレに駆け込む。

私の場合、前回と前々回の経験から

気持ち悪い時は、吐けるなら吐いた方がスッキリするという考えになっていました。

なので、せっかく食べたものを全部出してしまう…

なんとも賢くない、燃費の悪い体です。

しかも、吐くって結構体力使いますよね。

更に、上から出してるのに、便通も良い!(もともと便秘知らずではあります)

その賢くないルーティンのお陰で、私の身体はどんどんやせ細っていきました。

そして体力が落ちていく・・・

抜け殻のようになったある日の妊婦検診で体重を測定すると

45㎏あった体重が30㎏代になっていました!

担当医師から

「つわりひどいんだね~。かなり脱水状態に陥ってるから入院してケアしたほうが良いと思うな。母子ともに危険な状態になっちゃうよ」

と言われ、初めて今までのつわりの時より体がボロボロになっていることに気が付きました。

というのも、3人目を妊娠した時

娘は年中さん、息子はもうすぐ2歳になるという歳でした。

2人目を妊娠した時は、娘はまだ未就園児だったので、家族だけのペースで、時々気合を入れて行動すればいいだけでしたが

今回は幼稚園の送り迎え&まだまだ赤ちゃんの息子のお世話をしなければいけません。

ちょっとやそっとの気合いじゃ乗り切れず

知らないうちに、自分の身体にムチ打ってたんでしょうね。

という事は、自分だけじゃなく、おなかの中の赤ちゃんにもムチ打ってたってことになるのです。

昔から、無理なことはしない、楽しくラクに生きるがモットーだった私も

思いがけず、子供達のために頑張ってたようですw

とりあえず、検診が終わり、入院を勧められつつも、何も支度していないし、子供達を置いて入院するという心の準備もできていなかったので、帰宅しました。

つわりで入院なんてあるんだ・・・

妊娠3回目にもなるとプロとか言いつつ、お恥ずかしながら、私は妊娠出産関係の育児書的なものを読んだことがありませんでした。

いつも適当にやり過ごしていたw

しかも、うちは旦那さんも同じタイプ。

帰宅後、仕事がお休みで家にいた旦那さんに、入院のことを話しました。

私と同じ反応。

つわりで入院なんてあるの・・・?と。

そして、続いた言葉は

無理無理無理!無理でしょう~笑!でした。

普段からやさしく協力的な旦那さんですが、あまりに無知過ぎた。

自分も実感していなかったのに、旦那さんのその反応を見たら、なんだかムカついちゃって、

母子ともに命の危険って言われたんだよ怒!

と、いつになく声を荒げてしまった。

そして、コイツじゃラチあかねぇ!と、母に連絡。

私が入院している間、子供達を預かってもらえないだろうかと相談。

母は状況を瞬時に察知し快諾してくれた。

ちょうど幼稚園も夏休みになるところだったので、娘にも幼稚園をお休みするという思いをさせずに済んだ。

つわりが始まってから、廃人のようだった私のその行動力を見て

旦那さんはやっとこ現実を受け止め、色々調べ、妊娠悪阻という言葉を知った。(今ではもうすっかり忘れているが)

そして入院の手伝いをし始めてくれて

早速その日の夕方から私の入院生活は始まりました。

入院のための診察を受ける際、医師から、

体重をせめて40㎏代に戻そう。それを退院の目安にしましょう

と言われました。

私は、子供達と旦那さんの生活を放棄した後ろめたさと

やっとゆっくりできるという安堵感がいりまじっていました。

ところで、入院中にしてもらえた処置は、栄養点滴だけでした。

そして、絶食。

なぜなら、食べたら吐いちゃうから。

吐いたら、更に脱水状態が進んでしまうから。

まずは吐かないようにして、点滴で栄養入れましょう!と。

でも、私、食べても吐いちゃうんだけど空腹でも気持ち悪いんです!

じゃぁ、吐き気止めってもらえませんか?

とお願いしてみましたが、ダメ。

吐き気止めがいけないわけではなく、処方してくれる病院もあるようですが

私の通っていた病院は

この吐き気は病気が原因で起きているのではなく、妊娠が根本原因なので、薬ではなく栄養を投入して、体を元気に戻すという考え方でした。

正直、それはそれで地獄・・・

毎日、お腹すいた~気持ち悪い~とうなっていました。

私は11週目くらいの約1週間入院しました。

体重は40㎏ギリギリに戻りましたが、つわりが終わったわけではなかったので

というか、むしろまだまだ絶好調につわり中だったので

体重が増えたからと言って、病院で普通食を食べることはありませんでした。

最後に優しい優しいお粥が出ただけでした。

まぁ、医師の想定通り、食べたら気持ち悪くなっていました・・・

そんな侘しい食生活でも、点滴のお陰で退院時にはすっかり脱水状態ではなくなっていました。

そして、入院中は何も食べさせてくれなかった医師ですが、

帰宅したら、食べられるときは無理のないように食事をとってください。たとえ吐いてしまっても、食べていれば何かはのこるから!

と笑顔で仰っていたのが忘れられないw

そして、一番強く言われたのが、水分摂取の大切さでした。

つわりがひどい時は、体重の減少に気にしていた方が良いです。

脱水状態は意外と簡単になっちゃうみたいですよ。

お母さんが脱水になると、赤ちゃんに栄養が行かなくなっちゃいますから!

退院してから、私がハマったのは、氷を食べることでした。

食べた感はあるし、水分摂取もできる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました