サンタクロースの終わらせ方は?サンタさんからのプレゼントは何歳までが正解?

スポンサーリンク

子供は秋になると、そろそろクリスマスに「サンタさんからのプレゼントは何にしようかなあ?」

と考えだしますね。

毎年プレゼンを楽しみにしています。

大きくなると、親として考えることは、

・サンタさんの存在を知っているのか?

・いつまでサンタさんからのプレゼントを渡すのか?

など、伝える時期などを悩みます。

サンタクロースからのプレゼントを終わらせる方法として、サンタクロースから、としてのプレゼントをやめるという方法があります。

急にプレゼントを止めてしまうと、子供は残念だと感じると思うので、サンタクロースからではなく、親からのプレゼントとして少しずつサンタクロースの存在を明かしていくというのがいいのでは?と思います。

大体小学校の高学年になると、クラスの中でもサンタさんの存在について、子供同士で話すことが増えてきます。

あるアンケートでは、サンタクロースをやめる年齢は『小学校5〜6年』が一番多いという結果が出ています。

サンタクロースからのプレゼントは、小学生まで。

と考えている親が多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

サンタクロースの自然な終わらせ方テクニック

急にサンタさんからのプレゼントを終わらせるのも、子供の気持ちを考えると切ないかなあと思います。

少しずつ、サンタさんの存在を薄くしていければいいのではないでしょうか。

子供の学年が上がるタイミングで、サンタさんからプレゼントを預かっていることにするなど、親からプレゼントを渡すようにするという方法はどうでしょう?

その際サンタさんからの手紙と言うことにして、カードなどで一言添えておくのもいいですね。

次の年は、寝ている間にプレゼントを置くことをやめて、親から「サンタさんに預かった」ことにして渡していき、サンタさんの存在を少しずつ明かしていく。

子供を傷つけない方法ではないでしょうか。

サンタクロース協会という協会があります。

サンタクロース協会は、

『フィンランドの試験に合格した人がサンタクロースとして認定されるもの』

です。

その中には日本人もいらっしゃるようです。

サンタさんは小さな子供のためにプレゼントを運んでいて忙しいので、1人ではないということを伝えてみます。

そこで、自身の子供に、

「あなたは大きくなったから、もっと小さな子供たちにプレゼントが行き渡るように、そろそろプレゼントを卒業してみない?」

と説明するのも一つの手です。

自分が成長したということも嬉しいと感じますし、自分で卒業を選択させるということもできます。

もうちょっとサンタさんからのプレゼントが欲しいようだったら、その時まで待ちましょう。

子供の気持ちも尊重できます。

子供の年齢や、きょうだいがいるかなどでも、終わらせる状況は変わってきます。

でもできるだけ夢を壊さないように伝えたいものですね。

急に「今年で終わり!」としてしまうより、少しずつ段階を踏んで伝えるやり方の方が、子供のためにはいいのかな、と思います。

いずれは、子供も親となりサンタさんになっていくのですから…

スポンサーリンク

サンタクロースからのプレゼントは何歳までで卒業

アンケート結果のように、『小学5〜6年生』で卒業したという子供が多いようです。

学年が上がってくると、

「サンタクロースは親なのでは?」

という疑問を持つようになります。

子供同士で、そのような話が持ち上がってくるからです。

兄や姉がいるお友達などは、もう事実を知っている子もいますね。

いつまでも、信じていると恥ずかしいという感情を持つ子もいるかもしれません。

親が、「もう隠しきれない」となるかもしれません。

「サンタクロースからのプレゼントは、小学生までだよ」

とあらかじめ約束しておくとスムーズに卒業できます。

小学生までというのも、キリがいいですよね。

その後もせめて中学生の間は、親からプレゼントを用意しているという話も聞きます。

この辺りで卒業するのがいい時期だと思います。

スポンサーリンク

良くない終わらせ方は?その影響は?

子供の夢を壊すような伝え方はまずNGだと思います。

自分が親になった時、その子供へも同じようにするかもしれません。

逆に、純粋に信じすぎてしまっていても、本当のことを知った時に大変かと思います。

中学生くらいで、まだサンタクロースの存在を信じていると、周りから少し浮いてしまうかもしれません。

その場合、帰って子供が恥ずかしい気持ちを持ってしまうのではないでしょうか?

また、反抗期に本当のことを知ったので、そのまま関係がこじれてしまうということもあるようです。

伝える時期も難しいですね。

下手に誤魔化すと、子供が親に不信感を持ってしまう可能性もあるので、子供が疑問をぶつけてきたら、その時は正直に話したほうがいいと思います。

海外の研究では、子供たちの多くが肯定的に受け入れるという報告があります。

ショックを受けた子も長く引きずることもなく、理解できるようです。

近頃は、ネットなどで昔よりも情報が子供たちに入ってきます。

小学生になったあたりから、親も準備していくほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

サンタクロースを信じる年齢

信じる年齢と信じたい年齢は違うと思います。

純粋に、サンタさんがいると信じているのは、幼稚園から小学校低学年あたりまでではないでしょうか。

7〜9才ごろになると、気づいてくる子が多いようです。

やはり、学校などで、サンタさんの真実を知る子が出てくるからです。

疑っていても信じたい気持ちはあるので、親に言わないという場合もあります。

また、サンタさんの真実を知ってしまうと、プレゼントがもらえなくなるのは嫌なので、親には言わないという子もいました。

高学年で気づいた子は、プレゼントがもらえないのは嫌だから知らないふりをしておくという子が多いように感じました。

成長につれて、サンタさんからもらったプレゼント、というよりはプレゼントをもらうということが大事になってくるのかもしれません。

親としては、少し切なくなりますが、それも子供が成長した、ということなのかもしれません。

いつまでもサンタクロースを信じるということは難しいです。

子供の成長に合わせて、親もタイミングを見計らうなど、準備をしておく方がいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました